MENU

たるみの原因

 

肌のたるみは、ワイヤーバッグに荷物を入れた時にビヨンと下に伸びてしまう、まさにあの状態です。なぜ、たるみは起こるのでしょう。

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。若い人の肌は、みずみずしく弾力がありますが、これは皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返すことで、柔軟性・弾力性のある肌が保たれているからです。しかし、それも20歳を過ぎた頃から、その働きが衰え始め、だんだん柔軟性が失われていきます。

 

特に、真皮を支える役割を果たす線維成分であるコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうのがたるみの主な原因。たんぱく質からできていて、真皮の75%をしめ、真皮を支える役割を果たすコラーゲン繊維を鉄骨と例えるならば、そのコラーゲン繊維のジョイント部分がエラスチンです。どちらも年齢と共に減少し、切れたり、細くなったりするので、真皮を支えられなくなるのです。

 

 

 

 

コラーゲン&エラスチンは、赤ちゃんの頃は竹かごのように目が詰まった状態ですが、年を取るとエラスチンが切れてコラーゲンが伸びてしまい、ワイヤーバッグに荷物を入れた時にビヨンと伸びてしまうと考えれば良いでしょう。

 

この二つの繊維を破壊する主な原因としては紫外線が挙げられます(日光変性といいます)。紫外線を浴びることにより、皮膚にシワができやすくなり、たるみが起こります。
いったんたるんだお肌はなかなか元には戻りません。
女優やバレリーナなど子どもの時から日に焼いていない生活をしている方の肌年齢が若いのは、紫外線を浴びていないからだといえます。
また、サーファーや登山家でも、日に焼いていない部分はびっくりするほど肌理の細かいお肌であることがあります。
(スキンケア大学から引用)

 

 

たるみ対策

 

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

 

猫背にならないようにする、
表情筋のストレッチをすることは毎日の生活のなかで意識的に行うといいですね。

 

近年、若くても頬がたるみ、ほうれい線が目立つ方が増えていると言われています。
頬のたるみの原因としては、生活習慣の中でも「姿勢」が老若男女問わず大きく影響しています。

 

 

以上のように、
たるみの原因は年をとったせいだけではなく、
日常生活のなかの姿勢であったり食生活も関係していることがわかりましたね。

 

紫外線対策は簡単にできることのでしっかりと行いましょう!

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ