MENU

アンチエイジングで一番重要なのは保湿なの??乾燥肌はしわっぽい?

 

 

エイジングケア。

 

年齢とともに肌に現れる老化のサインをどう防いていくか、
また、既にできてしまったしわやたるみを少しでも薄くできるように日々みなさん頑張ってお肌のケアをされているのではないでしょうか。

 

 

アンチエイジングに効果が高いと言われている
レチノール、コラーゲン、セラミド、エラスチン、プラセンタ、ヒアルロン酸などといった様々な成分がエイジングケアのスキンケアに使われていますね。

 

確かに、こういった成分は、加齢とともに減少してしまうので外部から補ってあげることは大切です。

 

しかし、もう一つ大きな根本的な問題があるのです。

 

それは、
「保湿」 です。

 

 

肌に十分な水分があると肌はとても透き通って透明感が出てきます。

 

保湿するという事は乾燥から肌を守る、乾燥=乾燥ジワの原因にもつながります。

 

保湿は若い時からしておく方がいいです。

 

20代は化粧水だけで大丈夫でも、
30代になると急に乾燥し始めます。

 

40代になるとシミやしわが顕著に現れ始めて大慌て!

 

50代になるとたるみも加わってもうどうしようもなくなってしまします。

 

 

そんな肌にならないために、
保湿の大切さに気づいた今からすぐにでも「保湿」に重点を置いたケアを心がけてくださいね。

 

 

エイジングケアの基本は乾燥対策から

 

加齢による肌トラブルの大半は、乾燥が引き金になって起こります。加齢によって肌バリアの機能が弱まると、肌の水分は蒸発しやすくなります。

 

そうなると乾燥による小ジワが増え、肌内部の水分量が減少したことで肌はたるみ、たるんだ肌が縦長の毛穴をつくってしまう…という、とんでもない負のスパイラルを発生させてしまいます。そうならないためにもエイジングケアの必要性を感じたら、まずは保湿を徹底し、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

 

乾燥対策には、保湿成分の入った化粧品が有効。セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を含んだ美容液で肌の保水力を高めましょう。
乾燥が悪化して肌の角質が厚くなっている場合は、保湿成分入りの化粧品をつけても浸透しにくいことがあります。
そういったときは保湿パックがオススメ。
週に2回程度は保湿パックを行いましょう。

 

 

 

 

また、紫外線対策も重要です。
紫外線はシミ・そばかすだけでなく、乾燥肌を引き起こす原因になります。
日傘や手袋などを活用し、徹底的な紫外線ケアを心がけましょう。

 

 

クレンジングの見直しも考えて!

 

 

脱脂作用の強すぎるオイルクレンジングなど、刺激の強いクレンジングは避けましょう。

洗顔の際、熱いお湯を使うのもNG。
お湯が熱すぎると、肌に必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥を招きます。
洗顔時は熱いお湯を使わず、必ずぬるま湯(水よりほんの少し温かいぐらい)で洗いましょう。

 

洗顔後は化粧水をたっぷりとした後、手のひらで優しく押し込むように美容液を浸透させ、その後クリームやオイルでうるおいの蓋をするのがスキンケアの基本。

 

コットンパックも有効とエステの人が言っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ